スワロフスキー・クリスタル・コンポーネントを使用した熱接着ラインストーン HotFix(ホットフィックスorホットフィット)専門店

スワロフスキー・クリスタル・コンポーネントを使用した熱接着ラインストーン HotFix(ホットフィックスorホットフィット)の商品紹介・通信販売を行っています。

HotFixのご紹介

HotFixのご紹介

夏季休暇のお知らせ

 

誠に勝手ながら、2014年8月13日(水)〜2014年8月17日(日)まで、夏季休業とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します

 

消費税について

 

2014年4月1日に5%から8%へ引き上げられましが、

ホームページの金額が5%で表示されております。

ご迷惑をおかけして申し訳御座いませんが、ご注文完了メールにて、

訂正後の金額をご案内させて頂きます。

ご理解頂けますようお願い致します。        

 

スワロフスキークリスタルコンポーネントを使用した接着ラインストーンで、アイロン等で生地に簡単にダイヤ&メタルストーンが接着でき、自由なデザインが楽しめます。

■Hotfixの主な特徴

多種多様途向きの自由なデザインが可能です。
接着面にスワロフスキー社開発の特殊なのりが付着しており、熱で溶けて、繊維に絡みつく為、加工作業が簡単で、アイロン等で生地に簡単にダイヤ&メタルストーンが接着できます。
水洗い、ドライクリーニング共に可能で、長時間楽しめます。
ジュエリー感覚を備えた素材として、フアッション分野においてその商品価値の新たな創造に幅広く応用されています。

■Hotfixの応用用途

洋装品、和装品、アンダーウエアー、子供服、靴、かばん、ストッキング、ベルト、リボンアクセサリー、インテリア用品等幅広く使用できます。

■Hotfixの特徴と安全性

スワロフスキークリスタルコンポーネントを使用した、高品質なクリスタルで、透明度が高く、機械研磨による均一なカットと表面処理が、光の屈折率を高めより輝きを作り出します。

HotFix接着糊の間に剥離防止剤を施してあり、洗濯等における離脱を防ぎます。

ポリアミド系の乾接着糊を使用し、強力でパークエチレン系のドライクリーニングが可能です。

人肌にも無害で、安心して使用できます。

接着剤は各パーツに適量使用しているため、接着時にはみ出しにくく仕上がりが綺麗です。

メタルパーツの切断面は滑らかに処理されているため、人体等に傷を付けない様工夫されており、アルミ素材の為、海水にも耐えます。

HotFixをセットしている耐フイルムには、特殊な粘着性加工が施され、パーツの動きによる柄の崩を防ぎます。
この接着剤は生地に付着することなく、耐シートは200℃までのに耐える事ができます。

2014-08-12 14:36:03HotFixとは?

接着可能な素材の種類

接着し易いもの 接着が難しいもの
繊維 ■天然繊維

植物繊維:綿、麻
動物繊維:ウール、シルク
再生繊維:レーヨン、キュプラ

■化学繊維

半合成繊維:トリアセテート
合成繊維:ナイロン、ポリエステル
■加により風合いが変わり溶ける場合があるもの

アセテート、アクリル、ポリウレタン

素材表面に防水・コーティング加工等、被膜処理されたもの
皮革 ■天然皮革

スエード等、全般

■合成皮革

エクセーヌ等
■油なめし、エナメル加工したもの

その他、接着糊が浸透する素材であれば、ほとんどのものが接着可能です。

2011-01-18 16:21:32HotFixとは?

オリジナルモチーフの作り方

  1. トレッシングペーパーで写したり、窓ガラス等に光をかざし写し取る事で反転した図柄を用意します
  2. 反転した図形の上に耐シートの白い保護シートを剥がし耐シートの糊のついていない方を下にし、プッシュピン等で固定する
  3. Hotfixを逆さまにし、耐シートに乗せていきます

2011-01-19 15:37:59HotFixとは?

Hotfixのアイロンでの接着方法

  1. 白い保護シートを剥がします
  2. 素材の上にフィルムの端を押さえながらモチーフを貼り付けます
  3. アイロンを当てます
  4. 十分が冷めている事を確認して、耐シートをはがします
アイロンの温度 中温〜高温の間(160度〜170度くらい)
接着時間 15秒〜40秒くらい

温度、時間は生地により多少異なります。

接着に際しの注意と補足事項

  1. 薄い生地へ接着する場合は、糊のはみ出しを防ぐ為、生地の裏側と当て布の間に白い保護シートを挟んで接着してください。
  2. アイロンを滑らせず、接着面全体に渡って均等な力で圧着してください。
  3. スチームアイロンを使用する時には、接着パーツがアイロン表面の子穴と重ならない様注意して下さい。子穴に重なってしまうと接着に必要な圧力が加えられなくなります。又、乾接着ですのでスチームは用しないでください。
  4. タフタ、揚柳クレーブ、朱子地のような特質のある生地への接着については、まず耐シートの上から接着し、が冷めた後、注意しながら透明の耐シートを剥がします。そして、その後再びアイロンを当て再度しっかり接着します。
  5. 大量に接着加工される場合は、事前に同じ素材にて必ず接着テストを行ってください。
  6. 防水、コーティング等の加工が施されている生地への接着は困難ですのでお避けください。又、ベルベット等の毛足の長い生地への接着は多少技術を必要ですのでお問い合わせください。
  7. メタルはモチーフの上から170度以上で加すると、糊が急速に溶けてはみ出し、布を汚す事があります。この場合は150℃ぐらいの低めに設定し、時間を少し長くする(生地により差がある)か、生地を裏返しにして糊の部分にが当たるようにすると、生地に糊を吸い込ませる結果となり綺麗に仕上がります。メタルは湾曲している為、クッション性のあるアイロン台を敷き、圧力をかけた方がより強力な接着が可能です。
  8. 糊がはみだした時には、はみ出した糊をアイロンの先、又は、コテ先でその部分を再加するとはみ出した糊が生地に染み込む場合があります。HotFixの周りに丸く付いた場合は、加せず固まった糊の淵の方から引っ張るとずるっと取れる事があります。

2011-01-19 16:11:04HotFixとは?

種類から探す

クリスタル

2mm
クリスタル 2mm
3mm
クリスタル 3mm
4mm
クリスタル 4mm
5mm
クリスタル 5mm

メタル

2mm
メタル 2mm
2.5mm
メタル 2.5mm
3mm
メタル 3mm
4mm
メタル 4mm
6mm
メタル 6mm
8mm
メタル 8mm
正方形 3mm×3mm
メタル 正方形 3mm×3mm
正方形 7mm×7mm
メタル 正方形 7mm×7mm
長方形 7mm×3mm
メタル 長方形 7mm×3mm
長方形 10mm×3mm
メタル 長方形 10mm×3mm
星型 8mm
メタル 星型 8mm
菱形 12mm×6mm
メタル 菱形 12mm×6mm

色で探す

クリスタル

01 クリスタル
01クリスタル
02 クリスタルAB(オーロラ)
クリスタルAB(オーロラ)
03 ブラックダイヤモンド
03ブラックダイヤモンド
04 サファイア
04サファイア
05 エメラルドグリーン
05エメラルドグリーン
06 シシリン(黄色)
06シシリン(黄色)
07 トパーズ
07トパーズ
08 ライトコロラドトパーズ
08ライトコロラドトパーズ
09 スモークトパーズ
09スモークトパーズ
10 ローズ
10ローズ
11 ライトシャム
11ライトシャム
12 ヘマタイト(鉄鉱石の黒)
12ヘマタイト(鉄鉱石の黒)
13 アクアマリン
13アクアマリン
14 ライトサファイア
14ライトサファイア
15 コバルト
15コバルト
16 ペリドット
16ペリドット
17 オリーブ
17オリーブ
18 ジョンキル(黄色かかつた草色)
18ジョンキル(黄色かかつた草色)
19 サン(オレンジの濃い色)
19サン(オレンジの濃い色)
20 ライトローズ
20ライトローズ
21 フクシア
21フクシア
22 アメジスト
22アメジスト
23 シャム(濃い赤)
23シャム(濃い赤)
24 ジェット(黒)
24ジェット(黒)

メタル

101 ゴールド 艶
101ゴールド 艶
102 ゴールド 艶消し
102ゴールド 艶消し
103 シルバー 艶
103シルバー 艶
104 シルバー 艶消し
104シルバー 艶消し
105 ガンメタ(濃いチャコールグレー) 艶
105ガンメタ(濃いチャコールグレー) 艶
106 ガンメタ(濃いチャコールグレー) 艶消し
106ガンメタ(濃いチャコールグレー) 艶消し